木ノ下歌舞伎『三番叟』オーディション

2008年に初演し、その後再演を重ねてきた杉原邦生演出『三番叟』が、2018年6月にリクリエーションし上演されることが決定しました。振付と出演には、KUNIO13『夏の夜の夢』や『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』でもタッグを組んだBaobabの北尾亘さん。他キャストも一新されます。本作品の創作にあたり、出演ダンサーのオーディションが行われます。詳細は木ノ下歌舞伎の公式サイトからご確認ください。


木ノ下歌舞伎『三番叟』
監修:木ノ下裕一 
演出・美術:杉原邦生[KUNIO]
振付:北尾亘[Baobab]
出演:北尾亘 ほか
上演時期:2018年6月中旬

 

▶木ノ下歌舞伎 公式サイト
『三番叟』上演のためのワークショップオーディションのお知らせ