木ノ下”大”歌舞伎 第4弾

木ノ下歌舞伎『東海道四谷怪談—通し上演—』2017

2013年にフェスティバル/トーキョー13にて初演し、大きな話題を呼んだ杉原邦生演出 木ノ下歌舞伎『東海道四谷怪談—通し上演—』が、木ノ下“大”歌舞伎・第4弾として一部キャストを新たにリクリエーション。

『東海道四谷怪談ー通し上演ー』はいわゆる“残酷芝居”や“勧善懲悪の復讐劇”として理解される物語を、あらゆる人物が入り乱れる〈一大群像劇〉として再解釈。通常カットされる場面や人物を丁寧にすくい上げ、まったく新しい演目として甦らせました。
全三幕、上演時間六時間に及ぶ本作では、初演につづき杉原邦生が演出を担当。木ノ下歌舞伎メンバーとしては最後の演出作品を新たな出演者とともに、主宰であり補綴・監修の木ノ下裕一との強力タッグで創作。杉原邦生演出の木ノ下歌舞伎においての集大成となる作品となりました。

木ノ下”大”歌舞伎『東海道四谷怪談—通し上演—』
木ノ下”大”歌舞伎開催にあたって

上演時間:約6時間(全3幕 / 途中休憩あり)

作:
鶴屋南北
演出:
杉原邦生
監修・補綴:
木ノ下裕一
出演:
亀島一徳, 黒岩三佳, 箱田暁史, 土居志央梨, 田中佑弥 / 夏目慎也, 中川晴樹, 小沢道成, 緑川史絵, 西田夏奈子, 松田弘子, 岡野康弘, 森田真和, 後藤剛範 / 荻野祐輔, 緒方壮哉, 鈴木正也 / 猪股俊明, 小田 豊, 蘭 妖子 / *出演を予定していた島田曜蔵が京都公演のリハーサル中の怪我のため降板し、代役として夏目慎也が出演いたしました。

美術:島 次郎
照明:中山奈美
音響:星野大輔
衣裳:藤谷香子
劇中曲:TaichiMaster
振付:北尾 亘
補綴助手:稲垣貴俊
演出助手:岩澤哲野, 鈴木美波
美術助手:角浜有香
衣装製作:秀島史子
演出部:熊木 進, 中村未希, 山道弥栄
舞台監督:大鹿展明
宣伝美術:外山 央
文芸:関 亜弓
制作:本郷麻衣, 加藤仲葉, 堀 朝美, 三栖千陽

協力:エスプレイング, 岡村本舗, オーストラ・マコンド―, オポス, オフィス・ラン, 急な坂スタジオ, 虚構の劇団, キリンバズウカ, KUNIO, krei, サウンドウィーズ, サードステージ, 青年団, 恥骨, てがみ座, 東京デスロック, 中野成樹+フランケンズ, Baobab, PAPALUWA, 快快(faifai), ファザーズコーポレーション, ままごと, Mrs.fictions, ヨーロッパ企画, libido:, レトル, ロロ

日程・会場

京都

日程

会場

助成:公益財団法人セゾン文化財団
共同製作[初演]:フェスティバルトーキョー
製作・共催:木ノ下歌舞伎

東京

日程

14:00★

会場

助成:公益財団法人セゾン文化財団
共同製作[初演]:フェスティバルトーキョー
共催:あうるすぽっと(公益財団法人としま未来文化財団)