KUNIO10『更地』

KYOTO EXPERIMENT 2012 公式プログラム

記念すべきKUNIOの10作品目に杉原が選んだのは、大学時代の恩師でもある劇作家・太田省吾の代表作のひとつ『更地』。初老の夫婦がかつて自分たちの家が建っていた更地を訪れ、過去の記憶を旅する物語。1992年初演、阪神・淡路大震災の翌年1996年に再演され大きな話題を呼んだこの作品に、杉原は戯曲の設定と異なる若い俳優をキャスティングし、“未来”への希望に向かう新たな物語として鮮烈に蘇らせた。特に、巨大な虹色の幕で舞台全体を覆うラストシーンの演出が、そのメッセージを強く観客に印象付けた。KYOTO EXPERIMENT 2012のプログラムとして、京都のみで上演。

作:
太田省吾
演出・美術:
杉原邦生
出演:
武田暁 [魚灯], 大窪人衛 [イキウメ]

舞台監督:大鹿展明
照明:魚森理恵
音響:齋藤学
衣装:植田昇明[kasane]
チラシ・WEB写真(杉原、武田):堀川高志
web:ヨシダホーセー
演出助手:土屋和歌子
演出部:楠海緒
制作:小林みほ

協力:イキウメ, エッチビイ, 魚灯
助成:平成24年度文化庁国際芸術交流支援事業, 公益財団法人セゾン文化財団, 公益財団法人アサヒビール芸術文化財団, EU・ジャパンフェスト日本委員会
協賛:資生堂
認定:公益社団法人 企業メセナ協議会
共催:立誠・文化のまち運営委員会
製作:KUNIO

日程・会場

京都 KYOTO EXPERIMENT 2012

日程

会場

photo by Toshihiro Shimizu
  • photo by Toshihiro Shimizu
  • photo by Toshihiro Shimizu
  • photo by Toshihiro Shimizu
  • photo by Toshihiro Shimizu
  • photo by Toshihiro Shimizu
  • photo by Toshihiro Shimizu