杉原邦生 Kunio Sugihara

杉原邦生 photo by Takashi Horikawa

演出家、舞台美術家。KUNIO主宰、木ノ下歌舞伎企画員。1982年東京生まれ、神奈川県茅ケ崎育ち。 京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科 第2期卒業生。同学科在籍中より、演出・舞台美術を中心に活動。

2004年、自身が様々な作品を演出する場として、プロデュース公演カンパニー“KUNIO”を立ち上げる。 2008年、伊丹市立演劇ホールAI・HALLとの共同製作事業 “Take a chance project” アーティストに選出され、KUNIO03『椅子』(作:ウージェーヌ・イヨネスコ)、KUNIO05『迷路』(作:フェルナンド・アラバール)など3作品を製作。そのほか、上演時間が約8時間半にも及ぶ大作 KUNIO09『エンジェルス・イン・アメリカ』(作:トニー・ クシュナー)の第一部・第二部の通し上演や、大学の恩師でもある太田省吾の名作を鮮烈に蘇らせた KUNIO10『更地』、最古のテキスト“Q1”バージョンを新訳で上演した  KUNIO11『ハムレット』(作:ウィリアム・シェイクスピア)、劇団ままごとの柴幸男氏に新作書き下ろしを依頼した KUNIO12『TATAMI』などがある。 歌舞伎演目上演の新たなカタチを模索するカンパニー“木ノ下歌舞伎”には、2006年5月『yotsuya-kaidan』(作:鶴屋南北)の演出をきっかけに企画にも参加。これまでに『三番叟』『三人吉三』『勧進帳』など9作品を演出。2013年に上演した『黒塚』では「CoRIch舞台芸術まつり!2013春」でグランプリを受賞。フェスティバル/トーキョー13主催プログラムとして上演された『東海道四谷怪談-通し上演-』では上演時間6時間の通し上演をおこなうなど、話題作を発表し続けている。 その他の外部演出作品に、愛知芸術文化センター開館20周年記念パフォーミングアーツ公演 『金の文化祭 in AICHI ~Golden Anniversary~』、TPAM in Yokohama 宮永琢生ディレクション『1/2PAナイッ!?(ハンパないっ!?)』など。 また、こまばアゴラ劇場が主催する舞台芸術フェスティバル<サミット>ディレクターに2008年より2年間就任、2010年からはKYOTO EXPERIMENTフリンジ企画のコンセプトを務めるなど、持ち前の「お祭好き」精神で活動の幅を広げている。 2012・2013年度、京都造形芸術大学 舞台芸術学科 非常勤講師。2014年12月には文化庁新進芸術家海外研修制度〈短期〉研修員としてパリに滞在。2013-2014年度、2015-2016年度セゾン文化財団ジュニアフェロー。

プロデュース公演カンパニー“KUNIO”

杉原邦生が既存の戯曲を中心に様々な演劇作品を演出する場として、2004年に立ち上げる。俳優・スタッフ共に固定メンバーを持たない、プロデュース公演形式のスタイルで活動する。杉原が2年間務めた、こまばアゴラ劇場の<サミット>ディレクターの集大成として、初めて既存戯曲を使用せず構成から杉原自身が手がけたKUNIO07『文化祭』や、上演時間が約8時間半にも及ぶ大作『エンジェルス・イン・アメリカ』を第一部・第二部を通して上演するなど、杉原の演出力により、戯曲はもちろん、劇場空間自体に新しい風を吹き込むことで、作品を生み出している。近年の作品に、KYOTOEXPERIMENT 2012公式プログラム KUNIO10『更地』(作:太田省吾 / 2012年9月上演)、KUNIO08『椅子』ファイナル(作:ウージェーヌ・イヨネスコ / 2013年3月)、KUNIO11『ハムレット』(作:ウィリアム・シェイクスピア / 2014年7-8月上演)、KUNIO12『TATAMI』(脚本:柴幸男 / 2015年8月)などがある。